ALIENWARE M17xR2

アクセスカウンタ

zoom RSS Excel VBAマクロ サンプル2

<<   作成日時 : 2010/06/18 17:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

実行ボタンを押すと下記のようにTRUEデータのみ対象のシートに書き込まれます。
画像

画像

画像

 
途中省略
 
画像

 
マクロは以下の通り。
 
Sub 実行()
'
' 実行 Macro
'


'
' 処理データ格納エリア
'

Dim Shimei(11) As String
Dim Date1(11) As Date
Dim Date2(11) As Date
Dim Date3(11) As Date
Dim Date4(11) As Date
Dim Date5(11) As Date
Dim Date6(11) As Date
Dim Date7(11) As Date
Dim Date8(11) As Date
Dim True_Flg(11) As Integer
Dim Data_No(11) As String

'
'処理ループ用カウンタ
'

Dim Cnt_J As Integer

'
'その他
'
Dim CNS_TRUE As Integer

'
'### ここから処理開始  ###
'
CNS_TRUE = 1
j = 1

'
'メインシートからデータを取り込む
'

Sheets("メイン").Select

For j = 1 To 10 Step 1
  Shimei(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 5)
  Date1(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 7)
  Date2(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 8)
  Date3(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 9)
  Date4(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 10)
  Date5(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 11)
  Date6(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 12)
  Date7(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 13)
  Date8(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 14)
  True_Flg(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 16)
  Data_No(j) = Worksheets("メイン").Cells(j + 3, 17)
Next j

'
'取り込んだデータを抽出して対象シートに書き込む
'

For j = 1 To 10 Step 1
  Select Case True_Flg(j)
  Case CNS_TRUE
  Sheets(Data_No(j)).Select
  Range("B5") = Shimei(j)
  Range("C5") = Date1(j)
  Range("D5") = Date2(j)
  Range("E5") = Date3(j)
  Range("F5") = Date4(j)
  Range("G5") = Date5(j)
  Range("H5") = Date6(j)
  Range("I5") = Date7(j)
  Range("J5") = Date8(j)
  End Select
Next j

'
'メインに復帰
'

Sheets("メイン").Select
Range("A1").Select

End Sub
 
 
今回は処理ループを実現するため、Cellによる参照を使いました。
これにより、添え字を用いたセルのハンドリングが可能になります。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Excel VBAマクロ サンプル2 ALIENWARE M17xR2/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる